« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

デザイン系 研修合宿 2日目(最終日)

研修合宿2日目です朝食バイキングをがっつり食べたところでグループワークにとりかかります

Dsc00625_3 Dsc00615
各自デジカメで撮影したアルファベットを切ったりPCで加工したりと制作中少しずつカタチになってきたところで先生にチェック
Dsc00621_2
最後は3チームずつ作品の講評会初めての発表にドキドキ
Dsc00631_2
3チームの完成作品がコチラ!!

Dsc00668 Dsc00669 Dsc00670
ひとつひとつ単語になっているの解りますか??

研修の最後は「豊田市美術館」
Photo
あそぶ美術/おもう美術がテーマの現代美術を鑑賞作品には深いメッセージが隠されていましたねじっーと観察していたみんなにはきっといろいろなことが見えてくるはずです
Dsc00682
今回グループワークで制作する楽しさや3年間学ぶ目標や夢(職業)を改めて理解できた研修になったと思います。3年後が楽しみです

|

2011年5月27日 (金)

デザイン系 研修合宿 1日目

1年生のグラフィック・イラスト・キャラクター・雑誌デザインを学んでいる専攻を対象に研修合宿がスタート

「蒲郡ミカン」で有名な蒲郡へバスで出発1時間30分ほどで到着した先は「ラグーナ蒲郡」
Dsc00534

ここ「ラグーナ蒲郡」は海をテーマに「夢、あこがれ、きらめくシーサイド」のテーマパークこの期間中TVアニメ・ワンピース「ONE PIECEメモリアルログinラグナシア」のイベント開催
Photo

ワンピース人気キャラクターたちの立像に学生&先生たちも興奮
バシバシ写真撮影
Dsc00541_3
ここで学生は3チームに分かれてテーマパーク内にある自然物や人工物から
アルファベットのA~Zを発見してデジカメで撮影その素材は2日目に行うグループワークにて使うのです
Dsc00554_3
素材が集まったところで愛知三河を一望できる旅館へ移動抜群のロケーションのはずが・・・・天気が悪く残念

1日目の研修の始まり

イラストレーションの世界について五島先生から講義デザインのお仕事については山崎先生からの講義みんなメモをとったり質問をしたり真剣です先生方の手掛けた作品を見ることもできデザイン・イラストの見方や世界が広がったことでしょう
Dsc00587

では引き続き2日目はグループワーク制作に続く・・・・

|

2011年5月18日 (水)

避難訓練を行いました

地震です‼みなさん素早く避難してください‼

Img_0510_3

はい、もちろん訓練です

しかし今回東北地方で起きたような大地震

NCAがあるここ東海地方でも、いつ起きるか分かりません Img_0513

NCAでは毎年このように避難訓練が行われています。

学生のみなさん先生の指示に従って避難場所の

白川公園に避難しますImg_0519

避難したらまず専攻ごとに点呼!

Img_0532

全員無事に避難でき避難訓練も無事終了です。

今現在、私たち日本人は「災害」というものを肌で感じていると思います

災害はいつ、どこで起こるか分かりません

いざという時の為に、今一度自宅や駅などの避難経路を確認してみましょう。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

「十二単」特別講義

「十二単」特別講義が行われました

総合デザイン科学生と留学生が対象の、特別講義です。

講師は、ECOコミュニケーション科の教育顧問、鷲塚先生のご紹介による、名古屋在住で結婚式の着付け英会話の講師でもある、ミキ レガット先生を中心に行われました。

Hitoe03_3

解説を加えて頂きながら、

飛代を着て、小袖に細帯をつけて、その上に長袴を着て登場されました

Hitoe02_2

とても一人では着れないのですね…

二本の紐を交互に抜きながら着せていきます。
着付けは、一枚重ねるごとに下の紐を抜いていくので、常に一本の紐で着付けられています。
十二単は、必ずしも十二枚の着物を重ねて着るのではないことも学びました。
また、重さは15kgもあるんですよ!

Hitoe05

参加した学生さんは、みんな熱心に写真を撮っていました

Hitoe04_2

これで完成です

色鮮やかな着物の重ねがとても美しいですね~

そして…

着るのがとても大変だった十二単ですが、

Hitoe06 

十二単は、四六時中、着たままでいることが大変なので、すぐに着れるように空蝉(うつせみ)にしたのです。
この写真の状態を空蝉と言います。

最後は、この空蝉を使って十二単体験をさせて頂けました

Hitoe07_4

Hitoe08_2

女の子はもちろん、男の子留学生まで着させて貰いました

着物の色や着方など…十二単には様々な意味や決まりごとがあるようです。

今回は、一単を着て、五衣の第一衣から第五衣までを着せていき、その後、打衣を着て、最後に表着を着ました。
一単や五衣が単彩であるのに対して、多彩で文様が華麗であったことが印象的でした。
十二単という姿は、「公家女房唐衣裳装束姿」と言います。

この講義で興味を持った学生さんは、自分で調べてみるのも面白いのではないでしょうか

Hitoe09

Hitoe10_2

今回の貴重な体験を、これからの作品制作にぜひとも活かしてくださいね

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »